世界はいつも 甘くない
作者名: くろやぎさん
【出だし200文字】
 土曜日の午後、俺は今、山道を歩いている。理由は単純に登山が趣味ってだけだ。月に一回の頻度で自然の中に身を浸せば、心も体も浄化される。そんな気がするから社会人になっても続けている唯一のものだ。  日頃の運動不足の解消もかねて、ペースは速め。体力を落としたくないし腹も出したくない。中高通して大して真面目でもない陸上部員だったが、運動自体は好きだった。その名残だ。  時々すれ違い、また追い越す人達//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 日常 冒険 男主人公 西洋 中世 魔法 必死 
種別 連載〔全31部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 74,204文字
掲載日 2017年 01月 11日 10時 47分
最終投稿日 2017年 02月 14日 21時 09分
Nコード N0026DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ごくごく普通の会社員である事を自負している 渡部 慎(ワタベ マコト)は、趣味の登山中に異世界の森の中に転移してしまう。訳も分からず必死のサバイバルの中気付いたことは、どうやら魔力らしきモノがあるということだけ。チートなし、スキルなし、魔法? 知らん! 神様、ちょっとハードすぎやしませんかね?
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。