乾坤一擲
作者名: 響 恭也
【出だし200文字】
 信長は寝所で一人襲い来る恐怖と戦っていた。戦国の世の習い、己の首が落ちるのは常に想定の内だった。だがまだ幼い我が子や妻たちまでも死の淵に追いやられることは耐えがたい苦痛と感じていたのだ。 「いつから儂はこのように弱き心を持つようになったのかの…」  誰に問いかけるともなく一人ごちる。家臣や家族の前では見せられない弱気をわずかな囁きに乗せて吐き出す。  脳裏には幾度となく駆け巡った山野が鮮やかに映//
キーワード R15 残酷な描写あり IF戦記 逆行転生 男主人公 シリアス 戦国 タイムトラベル 織田信長 オリジナル主人公 
種別 連載〔全177部分〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 440,600文字
掲載日 2016年 11月 07日 13時 30分
最終投稿日 2017年 07月 18日 12時 20分
Nコード N0041DQ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
織田信長には片腕と頼む弟がいた。喜六郎秀隆である。事故死したはずの弟が目覚めたとき、この世にありえぬ知識も同時によみがえっていたのである。
これは兄弟二人が手を取り合って戦国の世を綱渡りのように歩いてゆく物語である。

現代編をスピンオフにて分割しました。
http://ncode.syosetu.com/n6790dx/

11/14追記
事実と異なる、これはおかしいとのご指摘をいただいております。
作者の不勉強による誤りについては都度訂正させていただきます。一部独自解釈であったりする点もありますが、そこにつきましてはご容赦ください。
11/17追記
誤字指摘は確認次第修正し、それをもって返信に代えさせていただきます。
書き溜めは一切しておりません。作者が休みの日は脳裏に文が浮かぶ限り書き続けております。
1/8
井伊直虎が男性であったとのお話が出回っております。しかもかなり確実性が高いと。
とりあえず書いちゃってるので、直虎は当作品で女性として扱います。修正とか変更はありません。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。