神影の彷徨
作者名: ゆちゃあ
【出だし200文字】
0  深夜の公園は死体で埋まっていた――――  彼女は思う。常識から外れた力を持つものは何故、平穏に暮らすことができないのか。  彼女にとって力は呪いでしかなかった。    死んでいたはずの人間がむくりと起き上がる。  彼女は知っていた。明けない夜もあるのだということを…… ▽▽▽▽▽  教師の声をかき消すように大きなチャイムが鳴る。 「よし、今日はここまで。日直」  日直の号令ととも//
キーワード R15 ガールズラブ 残酷な描写あり 世界設定多し 魔法 ダーク  
種別 連載〔全64部〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 567,771文字
掲載日 2007年 05月 20日 22時 47分
最終投稿日 2012年 05月 27日 21時 55分
Nコード N0300C
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
「自分だけが知らない自分を皆が見ていた」 
地球が作り出した人間への第二の対抗因子である「魔」と呼ばれる種族がある。これは人として育った魔の少女のお話。少女は自分に内在する異常な力によって暗い世界へと誘われる。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この作品はガールズラブ要素を含みます。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。