暖かなあたたかさ
作者名: あおいやぎ
【出だし200文字】
とてもゆっくりとしていて 押し寄せるようではなく 逃げれないわけではなく 包み込むような 一方からではなく 四方からではなく 羽毛で覆うような 強き人は、強い 強き人は、堅い 強き人は、だから、孤独 だから、弱い。 弱いのだ。そのようなあたたかさには弱いのだ。 勘弁してくれ勘弁してくれ なんだと思っている。私が耐えたこと耐えたこと逃げ//
キーワード 日常 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 270文字
掲載日 2017年 04月 19日 18時 33分
Nコード N0321DY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
あたたかなあたたたかさとは北斗神拳ではない
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。