黎明に跳ぶ
作者名: 志水了
【出だし200文字】
 少年は、自分が死んだという新聞の記事に無表情のまま、目を落としていた。  競技中に航空機が墜落炎上。乗員一名、死亡。写真は画面のほとんどが灰色の煙で埋まっている。そしてごうごうと上がる橙の火。  麗奈(れいな)は少年の隣に並んで座っていたが、少年、煌(こう)になんと声を掛けていいのか悩んでいた。二人がいる公園の周りは、昼食を食べようかと集まってくる会社員達の姿がちらほらと見受けられる。緑のせいで//
キーワード 現代(モダン) 少年 タイムスリップ 
種別 連載完結済〔全5部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 18,113文字
掲載日 2014年 02月 10日 20時 40分
最終投稿日 2014年 02月 10日 20時 43分
Nコード N0322BZ
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
タイムマシンに乗って歴史の修正をする仕事に就く麗奈は、ある日特例の任務で、競航(けいくう)のパイロット、煌(こう)を未来へ連れていくことになる。だが、煌が見たかった未来は、彼が死ぬ未来だった。本サイトのものを転載しています。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。