少年少女はすぐに死ぬ
作者名: 七森吐息
【出だし200文字】
           【――近い未来に人類が滅んでしまうって言ったら、あなたは信じますか?】  ついさっき出会った、盲目の、占い師を名乗る女の言葉。 【――世界を救いたいと、思ってはくれませんか?】  そんな戯言を、睡眠薬と一緒に口に放り込んで、僕は末期の水を飲む。  ……思わないよ。だって僕は今から死んでしまうのだから。  ――この世界から逃げ出すんだ。  茜色に染まる水面を見下し、僕は溜め息と//
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 ミステリー サスペンス ヒーロー ハッピーエンド バッドエンド シリアス ほのぼの ヒロイン主人公 
種別 連載完結済〔全53部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 128,996文字
掲載日 2017年 01月 11日 23時 56分
最終投稿日 2017年 01月 14日 22時 57分
Nコード N0328DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
今にも死んでしまいそうな、少年少女のおはなしです。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。