小さなテディベアと5人の女王さま
作者名: 歩共あるま
【出だし200文字】
 よいしょ、という声がしました。お城の1階へ続く階段を1段ずつ下りていくのは小さなクマ、いえ、テディベアでした。茶色くてふわふわとした体と、特徴的な2つのつぶらな目。そして、お尻には小さな丸いしっぽがついていて、1段下りる度、上下に小さく揺れていました。  お城の階段は、人の膝下程しかない体をもつテディベアにとっては下りるだけでも大変です。なにしろ自分の腰ぐらいまでの高さがあるのですから。 「//
キーワード 冬童話2017 テディベア 秘密 
種別 連載完結済〔全7部〕
ジャンル 童話〔その他〕
文字数 17,686文字
掲載日 2017年 01月 12日 00時 24分
最終投稿日 2017年 01月 12日 00時 40分
Nコード N0342DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 季節を司る女王さまが交代で塔に住むことで季節は巡っていました。しかし、ある日季節の塔から冬の女王さまが出てこなくなってしまいます。そこで王さまがお願いしたのはスーパーヒーローでも、やる気に満ちた若者でもなく、小さなテディベアでした。
 個性的な女王さまと共に、テディベアのテディは季節の塔に向かいます。それぞれ胸の内に想いを秘めながら……
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。