真紅の薔薇を貴女へ
作者名: くろた
【出だし200文字】
灰髪、灰青目、大剣を背に負う大男。 薔薇色の髪、深紅の目の美しい女の姿をした妖魔が出会ったのは凶暴な魔物が徘徊する深い森の中であった。 人と魔、ひと時も目を逸らせない状況で先に口を開いたのは大男の方であった。 「あんた…すげぇ美人だな。」 どこか呆けたように妖魔を見つめつつ、なぜか距離を縮めようとする大男に妖魔は警戒して後ずさる。 「そのような戯言で妾を謀る気かえ?」 妖魔から返事が返ってくると//
キーワード 異類婚姻譚 
種別 短編
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 3,466文字
掲載日 2017年 01月 12日 00時 44分
Nコード N0353DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
獰猛な魔物が徘徊する深い森の奥で人と魔が出会う。
そこから始まった2人の物語。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。