少年少女はすぐに怒る
作者名: 七森吐息
【出だし200文字】
 まだ僕に友達という人種が少なからず存在していた頃、こんなことをよく言われた。 「ねー、なんで弓名ちゃんは僕なのー? 男の子になりたいのー?」  僕はそれにこう答えていた。 「危ないから、だって」  女の子らしい恰好はしないで。自分のことは僕って呼びなさい。  泣きながら、僕を抱きしめてお願いをするお母さん。  初めて告白されたのは六歳の春。  初めてストーカーをされたのは七歳の夏。  初めて誘//
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 ミステリー サスペンス 異能力バトル ヒーロー ハッピーエンド バッドエンド シリアス ほのぼの ヒロイン主人公 チート 
種別 連載完結済〔全59部分〕
ジャンル その他〔その他〕
文字数 148,009文字
掲載日 2017年 01月 12日 01時 20分
最終投稿日 2017年 01月 15日 01時 53分
Nコード N0371DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
今にも死んでしまいそうな、少年少女のその後のおはなしです。
ライバルが登場します。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。