特別なんだ[200文字小説]
作者名: 雨樹澪也
【出だし200文字】
しんしんと降り積もる雪。 はあと息を吐いて手を温める。 頬は寒さで赤らみ、手はかじかむ。 辺りはオレンジ色の窓が並ぶ。 黒い瞳は、うらめしそうにじろっとにらみつける。 悔しさで、黄色の長靴で雪の塊を蹴る。 「来ないのかな」 涙が出てきそうだが、ぐっとこらえる。 とうとうしゃがみ込む。 そこに背中をぽんと叩いて、 「待っていてくれたの?ありがとうね」 「お迎えしたかったんだもん。だって大切なお母さん//
キーワード ホームドラマ 200文字小説 少年ハート 冬 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 200文字
掲載日 2017年 01月 12日 02時 16分
Nコード N0389DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
雪の中、待っていたい。特別な日。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。