勇者行く
作者名: 紫苑
【出だし200文字】
みーんみんみんみん、昼前だというのに家の外からやかましいセミの鳴き声が聞こえる。 後ろのベランダにはキンカンの木が植えられていてそれに何匹か止まっているのだろう。しかし耳にキーンと響く音だというのに、本当にメスは寄ってくるのだろうか?寄ってきたメスはその鳴き声のどこに惹かれたのだろうか? なんてことを疑問に思いつつ耳を防ぎたくなる音を尻目につけっぱなしのテレビを見る。 テレビにはバラエティ番組が映//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 青春 冒険 ほのぼの シリアス 勇者 中世 男主人公 西洋 群像劇 
種別 連載〔全7部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 31,992文字
掲載日 2017年 01月 12日 02時 31分
最終投稿日 2017年 03月 18日 23時 50分
Nコード N0392DT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
誰が呼んだかこんな勇者...
部屋でゴロゴロしていたらいきなり眼前異世界。
しかも「勇者」として呼ばれたらしく期待と羨望を向けられる。


だけど、僕はそんな人間じゃない、弱い人間だ。



でも、弱くても、僕は勇者なんだな。
「たとえ何があっても前に進んでいかなくてはいけない、それが勇者だ」
その言葉を胸に刻み、何があろうと進んでいく。
たとえその先が奈落でも、絶望でもね。



警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。