ハートイン・エクスプレスメモリー
作者名: さかき原枝都は
【出だし200文字】
     ハートイン・エクスプレスメモリー    まだ携帯もスマホも無かった時代。  遠くはなれた二人をつなぐのは、固定回線の電話と公衆電話。 そして、紙に書く直筆の手紙。  それでも私たちの心は一つになっていた。  私は東京で暮らし、彼は遠く離れた東北の地秋田。  離れたくはなかった……  いいえ、離れる事さえ考えもつかなかった。  でも現実はこんなもの。    前略  村田人志(む//
キーワード 青春 恋愛 遠距離 秋田 東京 新幹線 手紙 クリスマス 雪国 レール 心 ハート エクスプレス 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 13,090文字
掲載日 2016年 12月 23日 22時 37分
Nコード N0559DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 まだ携帯もスマホもない時代。離れた二人を繋ぐのは固定電話と今はあまり見かけなくなった公衆電話。そして紙に書く直筆の手紙しかない時代。

 その当時女子としては珍しい工業高校の電気科に入学した絵里奈は家の生活を助けるためアルバイトばかりの生活だった。  

 そんな彼女を陰ながら見守る同じクラスの人志はある日の夜思いっきり絵里奈の頬を叩いた……
 でも二人はそこからお互いを信じ合うことで心を繋げていった。

 だが、高校を卒業後、絵里奈は東京へ就職してしまう。

 離れた二人を繋いだ思いは……そしてその思い出を大切にする二人を繋いだあの特別な日とは……
 
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。