出世していく君にお別れを
作者名: 豊川颯希
【出だし200文字】
「――本当に、いいのかい?」  父の案じるような問いかけに、羽根ペンを持つ手が震える。溢れそうになった涙をこらえるため、瞳を伏せた。一拍の後、顔を上げる。表情はもちろん、とびきりの笑顔を作って。 「本当にも何も、私から申し上げたのですから」  せっかく安心してほしくて微笑んだというのに、父は険しい顔で黙りこんだ。その隣に寄り添う母は、口元を覆って項垂れている。机を挟んで反対側に立っている二人も、痛//
キーワード 婚約破棄 切ない 魔術師 花 
種別 短編
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 11,244文字
掲載日 2017年 10月 15日 18時 17分
Nコード N0637EI
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
彼に恋をしていると知ってしまったから。だからこそ、少女は婚約破棄をする。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。