織田家の長男に生まれました
作者名: いせひこ
【出だし200文字】
目が覚めたら戦国時代だった。 何を馬鹿な、と思うかもしれないが、これは事実だ。 気付いたら、戦国時代に居た。 前後の状況はよく思い出せない。 俺には前世の記憶というものがあるようだけど、自分がどのくらい生きたのか、どのように生きたのか、そしてどのように死んだのか? それは記憶に霞がかかったかのように、思い出す事ができない。 ある程度、戦国時代の知識はあるから、そっちの趣味があったのかもしれ//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 IF戦記 ヒーロー 織田家 生まれ変わり 長男 兄 戦国時代 兄バカ シスコン ブラコン 架空武将 架空戦記 IF ネット小説大賞五 側室 
種別 連載〔全62部〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 207,091文字
掲載日 2017年 02月 01日 09時 13分
最終投稿日 2017年 05月 10日 22時 04分
Nコード N0658DU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
気がつくと戦国時代だった。
どうやら前世から生まれ変わったらしい男。
自分の置かれた状況を確認すると、享禄元年の織田家に長男として生まれた事がわかる。
「織田家の長男!? やった信長だ! 勝ち組じゃんか!」
しかし、喜んだのも束の間。自分が信長ではなく、信長の兄であると知る。
史実において、安祥城を今川に取られたばかりか、脱出も討死も切腹もできずに捕縛され、竹千代との捕虜交換に利用されて、織田家の戦略を根本から覆した情けない兄とされる織田信広。
その後は一度信長に謀反を企てるだけで(実行したかは諸説ある)ろくに表に出て来ないままフェードアウトした影の薄い武将、織田信広。
そんな彼に転生した、やや戦国時代に詳しい男が、別に織田家の家督は狙わずに頑張る物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。