アンナリーザは今日も元気 ~私の娘は規格外~
作者名: 和久井 透夏
【出だし200文字】
 半年前、私は遂に人造人間《ホムンクルス》を作る事に成功した。  それは未だこの世界で誰も成し得なかった偉業であり、私の長年の夢だった。  高い知能や高い魔法適性などの優れた資質を持つ、生まれついての天才。  私の血を元に作られた私の子供。  人造人間にアンナリーザと名付けた私は、彼女に将来は私の研究を引き継いでくれる立派な魔術師になってもらうため、それはそれは熱心に彼女を教育した。  実際//
キーワード 日常 冒険 ラブコメ ほのぼの 女主人公 ホムンクルス 西洋 中世 魔法 娘がチート 異世界 幼女 ケモミミ HJ大賞 
種別 連載〔全40部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 111,392文字
掲載日 2017年 03月 31日 19時 18分
最終投稿日 2017年 05月 25日 12時 00分
Nコード N0660DX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
いき遅れの天才魔術師レーナは長年の研究の末、遂に人造人間(ホムンクルス)を作ることに成功した。
こうして生まれた今年七歳になる設定のアンナリーザは好奇心旺盛で今日も元気に召還獣を大量に呼び出しては森に放ったり、討伐対象の魔物を勝手に倒して美味しくいただいたり、夜中に突然魔法で花火を打ちまくったりとやりたい放題。
加えて娘の歳から逆算して、「あの時の子供か……!」と父親面してくる元パーティーメンバーや学生時代のライバルが親子共々突っかかってくる。

キリがいいところまで一気読み派の方は第33話まで読んでください。
第4章は第43話(2017/5/28更新分)までの予定です。

毎日11~12時の間に更新する予定です。
お昼休みにほっこりしてくださいね!
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。