パンの国は近づいた!
作者名: もちもち物質
【出だし200文字】
『目覚めよ』  声が聞こえる。 『目覚めよ』  遠くから聞こえる声は、どこか、あの時に似ている気がする。 『目覚めよ、切戸(きりと)匡(たすく)』  名前を呼ばれて、俺は目を開いた。  ……そこに広がっていたのは、余りにも見慣れない風景。  石造りの薄暗い部屋の中、変な魔法陣みたいなものの上に俺は寝かされ、魔法陣の周りを透明な壁で囲まれ、そんな俺の周りで魔法使いみたいな恰好したおっさん達がうろう//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 パン 宗教ネタ 
種別 連載完結済〔全129部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 543,468文字
掲載日 2017年 08月 22日 22時 44分
最終投稿日 2018年 02月 20日 00時 01分
Nコード N1028EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
救世主として異世界に召喚されたものの、世界を救うのに役に立たない能力しか持っていなかったため、召喚されてすぐ殺処分が決定。しかし『石をパンにする』能力のおかげでひっそりと生き延び、隠れながら元の世界に戻る方法を探すことになる。
石はパンにしろ!水はワインにしろ!ついでに悔い改めろ!パンの国は近づいた!そこのゴーレム、お前もパン人形にしてやろうか!

この話はただの男子高校生だったできそこない救世主が、できそこないの女の子と一緒に世界を救うかもしれないし、ただパンを食べ続けるだけかもしれない不謹慎ファンタジーです。

※不謹慎なジョークが含まれます。ご注意ください。

+完結しました。次回作は2月25日±5日ごろを予定しています。+
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。