羽振村妖怪譚
作者名: 支援BIS
【出だし200文字】
1  ぼくは、大学受験に失敗してしまった。  就職先を探しているんだけど、なかなかみつからない。  今住んでいるアパートは伯父さんの持ち物だ。老朽化が進んでいて、建て替えることになっている。  建て替えるあいだ、伯父さんは自分の家に住めと言ってくれてる。けど正直言って、伯父さんの家には、行きづらい。何しろ伯父さんの長男の|幸一《こういち》さんは去年結婚したばっかりだ。伯父さんの家に行けば、新婚さ//
キーワード 残酷な描写あり 天狐 やまびこ ぶらり火 こなきじじい ひでり神 長壁姫 金霊 鉄鼠 水虎 火車 骨女 鵺 輪入道 邪魅 方相氏 
種別 連載〔全45部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 321,715文字
掲載日 2017年 10月 16日 15時 12分
最終投稿日 2017年 12月 14日 00時 00分
Nコード N1091EI
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ぼくは鈴太(りんた)。大学受験に失敗した直後、突然弁護士さんが現れ、おじいさんが亡くなったので葬儀に出てほしいと言った。連れて行かれた山奥の村がすっかり気に入ったぼくは、おじいさんの乾物屋を継ぐ決心をして移住する。そんなぼくの前に次々に妖怪が現れる!
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。