首吊り小屋は今日も賑やか
作者名: Pー龍
【出だし200文字】
 黒で塗りつぶされた世界、新月の夜。  空に散りばめられた小さな星々、満天の星空によって差し込むほんのわずかな銀の光によってなんとか目の前にある物体のシルエットを確認することが出来る、そんな暗闇が続いていた。  それはわずか一瞬のことだったのかもしれないし、永劫のごとき時間経過だったのかもしれない。とにかくも時は地上を流れていった。  時とは等しくもあり相対的なものでもある。  やがて辺りの//
キーワード R15 残酷な描写あり 伝奇 日常 
種別 連載〔全3部〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 18,310文字
掲載日 2017年 04月 01日 15時 50分
最終投稿日 2017年 04月 11日 18時 57分
Nコード N1161DX
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
深い山の奥の奥のそのまた奥のさらに奥、地図には載っているけれど誰も知らない友嶺村、三首集落。そこに噂の首吊り小屋は建っていた。吸い寄せられるように集まってくる自殺志願者たち。死を覚悟した彼らを待っていたものは・・・

文明社会と隔絶した閉鎖空間の中で繰り広げられるのはスローライフ? はたまたブラックな労働環境なのか?
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。