君に出会ったあの日を忘れない 
作者名: さかき原 枝都は
【出だし200文字】
 人を好きになることと、人を愛することは違う。  私は、今まで大きな恋を1度は経験してきたつもりだった。そして大きな恋の終わりも  それは、妻子ある人との恋。  彼も、私も本気だった。  お互い、自分たちの立場を超えて。周りのいらない言葉を払い捨てながら。  彼は、私の通う音大の講師。  彼は私にピアノを教えてくれた。  好きで始めたピアノ。中学の時に吹奏楽部で初めて出会ったピアノ。//
キーワード R15 身分差 年の差 スクールラブ 恋愛 不倫 生徒と教師 禁断の恋 お守り 縁 三角関係 歳の差 心の傷跡 裏切り 心移り 秋田 
種別 連載完結済〔全11部分〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 69,487文字
掲載日 2016年 07月 07日 04時 15分
最終投稿日 2017年 08月 24日 21時 00分
Nコード N1163DK
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
6年ぶりに母親の実家である秋田に訪れた磨緒は、叔父が経営するペンションの近くにあるスキー場でスキー初心者にもかかわらず、無謀にも上級者コースを滑走し暴走した。
成す術を失い恐怖と共に死をも予感した磨緒はある女性に救われ、左足を骨折したものの事なきを得た。
磨緒を救った女性、それは偶然にも幼い頃から知り合う従姉の瞳だった。未だに磨緒の脳裏にある瞳の姿はあのおかっぱ頭の男勝りの女の子。しかし、目の前に現れた瞳の姿はすっかり変わっていた。
6年ぶりに再会した瞳のその姿は、一瞬にして磨緒の心を埋め尽くしてしまった。
久しぶりの再会に喜ぶ二人であったが、お互いこの6年間の間に起きた暗い過去に、深い心の傷を抱いていた。

大学の講師との不倫、貧しさ母子家庭という境遇にあった磨緒への学校での虐め。
深い心の傷を負いながら成長し再会した二人。
そして二人は改めて知る。自分たちが本当に追い求めていた気持を……

6年前磨緒が瞳からもらった小さなお守り、それは瞳が高校3年の夏合宿セミナーの講師からもらった二つの小さなお守りの一つだった。
そのお守りにはある力込められていた。それは縁を結ぶこと。
人を好きになる事と人を愛する事の違いとは?
二人に託されたこのお守りによってたぐり寄せられる、二人のこれからの未来は……そして二人が迎える運命とは……

二人が立ち向かう禁断の恋とも言える想いは、最後まで結ばれるのだろうか……
秋田編は
磨緒と瞳が6年ぶりに出会ってから、磨緒が東京に戻るまでの二人の想いを描いたハートストーリーです。

警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。