ニジヲコエテ
作者名: 夏村響
【出だし200文字】
 私は稀代の嘘つきなのとその女は屈託なく笑った。どうでもいいけど、と私も笑って、それから負けじと言い返す。私なんか人殺しなのよ。するとその女。へえ、そいつは豪気だ、と相変わらず笑っている。  その嘘つき女はユイと名乗った。  ユイは私が拾った。コンビニの前で。ゴミ箱の横で。  彼女は木綿のシャツにGパンといういでたちで長い手足を持て余すように折り曲げてそこにうずくまっていた。季節は暦の上では春だが//
キーワード ドラマ ほのぼの 海 友情 旅 女性主人公 超能力 鯨 
種別 短編
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 19,222文字
掲載日 2016年 04月 13日 22時 24分
Nコード N1206DG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
稀代の嘘つきだと言うユイと人殺しだと言うナナコ。ワケありの二人が出会い、虹を見にいく旅に出た。そこで二人の見たものは...。

※この作品はカクヨムさまにも掲載しております。

 
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。