クロロの冒険
作者名: 津母千里
【出だし200文字】
 シャキ、シャキ…  ハサミで髪を切る音が、静かな室内に響いている。 「クロロよ、今日でお前も16歳だ。この村の掟により明日から外の世界を見る旅に出てもらう」  16歳の誕生日の夜、父親が名残惜しそうに娘の髪を切っている。    ここは山奥の名もなき小さな村。クロロが16年間育った場所だ。人口は約50人程度で、たいての家は農業を営んで暮らしている。 7日に1度くらい行商人がやって来て、この村で作//
キーワード 残酷な描写あり 冒険 女主人公 コメディ ほのぼの たまに魔法 たまにシリアス 男装 
種別 連載〔全99部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 335,274文字
掲載日 2016年 07月 28日 16時 31分
最終投稿日 2017年 12月 08日 00時 00分
Nコード N1241DL
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
クロロは16歳になったその日、村の掟により男装に身を包んで世界を巡る旅に出た。
旅に出て初めて出会った2人組は何やら訳ありのようだった。
成り行きで、彼らと行動を共にすることになったクロロ。面倒そうな事情がありそうな彼らとは早めにバイバイしたいのだが、なかなか事態がそれを許してくれず困ってしまう。
それに、一緒に行動するうちにクロロの常識と彼らの常識がちょっと食い違っていることに気づく。
えっ?これくらい知ってて当然だよ。ん?これくらいできて当たり前じゃないか。
なんでそんなビックリするんだよ。あーあ、もう!男なら丸太の1つくらい片手でどけなさい!

警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。