吸血記録
作者名: Haizi
【出だし200文字】
第一幕 闇の殺人鬼  それは、ある夜のこと…。 ―ガシャ…コツ…コツ…コツ…。  夜の校内を歩く黒い影、行く先に見えたのは明かりの見える事務室。 ―パチッ…。フッと事務室の電気が消えた。 「――?何で電気が消えたのかしら」  そういいながら、事務の先生が電気をつけると、背後に黒い人影が見えた。驚いて振り向いた事務の先生は、思わず悲鳴をあげて走り出す。  悲鳴を聞きつけて駆けつけた警備員が廊下に動//
キーワード 異世界転移 ミステリー 吸血鬼 ライトホラー ヴァンパイア ホラー 高校生 ファンタジー 
種別 連載完結済〔全18部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 27,896文字
掲載日 2016年 02月 12日 22時 06分
最終投稿日 2016年 02月 29日 10時 00分
Nコード N1300DD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ある夜、私の街に吸血鬼が現れた。
楓砂亜羅(かえでさあら)の通う学校起きた吸血鬼騒動。友達の風上飛鳥(ふうじょうあすか)と、吸血鬼の正体を突き止めるべく、兄の剛(つよし)と、彼氏の桜田敦史(さくらだあつし)を巻き込んで夜の学校に忍び込んだ。
しかし、そこで敦史が見たのは・・・――?
4人が送る、ファンタジーライトホラーです。

pixivの小説にも掲載されています。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=6563548
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。