もし異世界で未来を観たなら
作者名: Sue
【出だし200文字】
「―――」  ――色、色を見た。  色は視覚から入ったわけではなかった。脳内に直接、送られてきた信号のようなものだ。  音も同時に聴こえた。それも、聴覚からではない。耳から感じ取ったものではないからだ。  否。色や音ですら、無かったのかも知れない。ただ一つの映像が、断続的に脳内に直接入ってくる。  それは、紛れもない――夢だ。 「―――! ―――!!」  夢が、何かを語りかけて//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 シリアス ほのぼの 黒髪ヒロイン 感想乞食 時間遡行 異能力 やり直し 死に戻り 未来予知 バトル HJ大賞 
種別 連載〔全25部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 124,493文字
掲載日 2016年 12月 25日 08時 24分
最終投稿日 2017年 02月 06日 00時 08分
Nコード N1300DS
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 家の扉を開けた途端、異世界に召喚されてしまった引きこもり青年 焔矢・樹。平々凡々でちょっと姑息な彼に与えられたものは、チート能力でもハーレムでもなく、『未来の映像を断片的に受信する』という苦痛を伴う『未来予知』 そして、『その未来通りに行動せねば巻き戻る』といった『時間遡行』だった! 攻撃魔法も無い、仲間もいない。ただただ痛みを伴う世界で、一体彼は何を見、何を得るのか。そして、与えられた未来を掴み取るために、彼が取った行動とは!?    ※話を読み進める上で大なり小なり違和を感じましたら、お気軽にお申し付け下さい。全力で修正しに参ります。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。