夢幻の果て
作者名: 大田牛二
【出だし200文字】
 紀元前1046年に商王朝を打倒して周王朝は建国された。  周は都・鎬京の近くに血縁関係のある諸侯を起き、辺境には商王朝を打ち倒すことに協力した諸侯に治めさせた。このように血縁関係を中心に関節的な天下の統治制度である封建制をもって統治を行った。  時が流れて、周の幽王(ゆうおう)が犬戎によって都・鎬京を落とされて、殺害されたことでこの封建制の崩壊が始まった。  諸侯は周の平王(へいおう)を洛//
キーワード R15 残酷な描写あり ボーイズラブ 史実 春秋戦国時代 歴史 古代中国 戦記 群像劇 歴史書 英雄 名君 名臣 暴君 暗君 忠臣 年表 
種別 連載〔全44部分〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 148,073文字
掲載日 2017年 08月 06日 14時 10分
最終投稿日 2017年 09月 22日 00時 17分
Nコード N1308EE
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 周王朝の崩壊から新たな秩序の再構築が図られた時代が春秋時代であった。しかし、もはや秩序の再構築は限界を迎え、諸侯は国内での改革を進め、自らが秩序の担い手になることを目指すようになった。その過程において多くの思想が生まれ、時代は激しく変化し始めた。本当の乱世、戦国時代が始まり、戦争は激しさを増していく。そして、天下は統一されていくことになる。これはそんな乱世を生き抜いた者たちの物語。

 前作の「春秋遥かに」では春秋時代を扱い、こちらでは戦国時代を扱っています。

 ご感想、ご指摘お待ちしております。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この作品はボーイズラブ要素を含みます。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。