フレンドリーファイヤ
作者名: きじまじん
【出だし200文字】
「おーっす」 「よろー」  マイクとイヤホンと元気な相棒、目の前には見慣れた箱と美麗なCGグラフィック。ガキは寝こける午前五時、アメ公のサバならこんぐらいでも丁度いい。  ひとゲーム十五分の殺し合いが始まる。俺のキャラはボックスフロッグ。ランチャーの箱撃ち(ナパーム弾でエリアに筆箱状の焦げ跡)が得意な弾けた蛙で、走れない代わりにビルに貼りついて移動できる。移動力と火力の配分は2:5で、どっちかっつ//
キーワード 青春 三題噺 
種別 短編
ジャンル アクション〔文芸〕
文字数 5,049文字
掲載日 2017年 04月 22日 02時 31分
Nコード N1441DY
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 マイクとイヤホンと元気な相棒、目の前には見慣れた箱と美麗なCGグラフィック。ガキは寝こける午前五時、アメ公のサバならこんぐらいでも丁度いい。
 ――ご機嫌だったはずの殺し合いの朝は、警察のせいで不完全燃焼に終わった。佐陀の両親が殺されたというニュースを見た俺は、佐陀を追うべくマカロフを調達する。全ては通じ合っていた。向かうべき場所も、そこで何をするのかも――
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。