杜坂東の事情
作者名: おかつ
【出だし200文字】
俺達の通っている学校には、今は誰にも語られる事がなくなってしまったある噂があるらしい。 何でも、『坂杜様』と呼ばれていた九尾の狐が、この学校を悪い物から守ってくれているのだという。 そのおかげでこの学校には不良生徒というものが存在せず、いじめも何もない唯々平穏な学校なんだそうだ。 ……昔から俺は、その『坂杜様』の話を、卒業生である父から聞かされていた。その度に俺は、くだらない作り話だと思っていた//
キーワード 残酷な描写あり 怪談 ホラー 
種別 連載完結済〔全23部〕
ジャンル ホラー〔文芸〕
文字数 85,299文字
掲載日 2016年 09月 08日 23時 22分
最終投稿日 2017年 01月 11日 20時 20分
Nコード N1468DN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
杜坂東中学校には、『坂杜様』という守り神がいる。
その噂を聞いた佐藤光輝、松伏銀河、丑満時真梨恵の3人は、『坂杜様』の存在を確認する為、放課後に学校の中を探索する。
そこで3人は、何と本当に『坂杜様』に出会ってしまう。
その日から、3人は不思議な体験に次々と出会う事になるのである――。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。