クラスに異世界の王子達がいるんだけど
作者名: 奏多
【出だし200文字】
「|小幡(おばた) |沙桐(さぎり)殿。我が殿下のためにその席を譲ってもらいたい」  朝のHRが始まる前のひととき。  白い床に片膝をつき、灰色のブレザーを着た胸に手を当てた姿勢でそう言ったのは、金茶の髪に肌が白くて青い眼。綺麗ながらも鋭角的な雰囲気を感じさせる男子生徒だ。  しかし私の返事はもう決まっている。 「えーやだー」  速攻で返した言葉に、男子生徒は驚愕に目を見開いた。  ……三白//
キーワード R15 残酷な描写あり スクールラブ 学園 現代&異世界 ファンタジー要素あり 王子 騎士 コメディ 恋愛 星球大賞2 
種別 連載〔全58部分〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 242,378文字
掲載日 2014年 07月 22日 23時 00分
最終投稿日 2017年 04月 06日 20時 01分
Nコード N1501CF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
異世界人が日本に留学してくるようになった今日この頃。
うちのクラスには王子とその騎士がいますが、その騎士は、自分の主と他国の王女を結びつけたいらしい。騎士が作った留学生王女達のリストの中、○がついていた王女ヴィラマインの隣の席だったせいで巻き込まれた私、沙桐が、当の騎士から師匠と慕われたり、変な異世界人に目をつけられた恩人を助けるため、なけなしの悪知恵を手に立ち向かったりするお話。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。