セルフ・ディストラクション
作者名: 竹蜻蛉
【出だし200文字】
 狂気と狂喜は何が違うのだろう。  時々私はそんなことを思うことがある。辞書で調べてみれば、「狂気」とは気が狂っていること。また、異常をきたした精神状態のことを言うらしく、「狂喜」とは異常なまでに喜ぶことだと言う。  でも、狂喜とは狂うと言う言葉が使われているように、やはりどこか普遍的でない部分が存在するのだろうと思う。そしてそれは狂気ではないのだろうかと。  目の前の光景を私は狂気と呼ぶのか、狂//
キーワード 理論 異常 灰田君シリーズ 学園 エンターテインメント パラレル ダーク 文学 ホラー エンターテイメント 殺人 高校生 現代(モダン) 残酷な描写有り  
種別 連載完結済〔全36部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 158,429文字
掲載日 2007年 06月 13日 02時 13分
最終投稿日 2008年 03月 31日 18時 05分
Nコード N1562C
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
私の前に突然現れた人たち。飄々とした灰色の存在に、ノリノリの因果の鎖、正義を振りかざす悪意。理論と持論と一般論がぶつかり合い、少しずつ真実へ近づいていく。壊れているのは世界か自分か。壊れていくのは世界か自分か。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。