勅令護民総隊奮闘記~航空母艦“竜飛”出航す~
作者名: 三郎
【出だし200文字】
「……夜空に瞬く星々の姿は、実のところ何千年も昔の姿なんだそうだ」  突拍子もないことを言い出した親友に、思わず怪訝な目を向ける。  山麓の空気の心地よい中、ようやくピントの合った舶来物の反射式望遠鏡には、横縞模様の天体が映り込んでいた。  この星からの離れること、およそ7億キロメートルの彼方に浮かぶ惑星である。  宝石か、もしくは上等の飴細工。いずれにしたって、生命の息吹が感じられない、無機質な//
キーワード IF戦記 昭和 内政 商売 貿易 第一次上海事変 ~太平洋戦争 航空機 航空母艦 海上護衛 脇役がタイムスリップ 空戦 架空戦記 群像劇 
種別 連載〔全62部分〕
ジャンル 歴史〔文芸〕
文字数 577,827文字
掲載日 2015年 06月 30日 01時 55分
最終投稿日 2017年 09月 19日 04時 06分
Nコード N1582CT
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
派閥人事によって予備役に回された海軍少尉はある日、21世紀より迷い込んできた高校生二人組と出会う。彼らによってもたらされたふわっとした歴史知識は、海軍少尉にとって到底受け入れ難い内容であった。第一次上海事変後から太平洋戦争までの間に国家改造を推進させ、民間人戦死者を一人でも少なくすることが目標の内政寄り仮想戦記。
基本、筆者の昭和史勉強用のチラ裏ストーリーです。
内政物が読みたい。海上護衛戦が読みたい。航空機によるドッグファイト物が読みたいという完全自己満足のため、不定期更新、男坂エンドもありえます。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。