転生したからって、ざまぁされなくてもいいよね?~身内との8年間、攻略対象達との3年間の駆け引き~
作者名:
【出だし200文字】
「なんでこんなことになっているのよ」 “アリア・スフォルツァ”は急にあふれ出てくる記憶を整理して、思い出した。  グリセラ王国、名門スフォルツァ公爵家にある自室で書物の整理をしていたら、ふっと泉が湧き出るように記憶があふれてきたのだ。  『自分』が何者であるかを、そして、どうしてこの状況に陥っているのか、そして、  この世界が、彼女がいた世界で一世を風靡したゲーム『Love or Dead ~//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 乙女ゲーム 悪役令嬢 ラブコメ シリアス 女主人公 西洋 中世 ハッピーエンド アイリス恋愛F大賞8 ほのぼの 微糖 
種別 連載〔全121部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 243,099文字
掲載日 2017年 03月 14日 13時 40分
最終投稿日 2017年 10月 19日 07時 00分
Nコード N1751DW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 アリア・スフォルツァは名門公爵家令嬢(9歳)だが、ある日自分が転生者で、役割が『悪役令嬢』だという事を思い出す。
「ちょっとなんで私がこうなっているのよ」
 転生先となったゲーム『Love or Dead~恋は駆け引きと共に~』では、一族もろとも没落するしかない未来。
「そんな未来は嫌だよ」
 というで、待ち受けた未来を変えていくための奮闘記。なぜか大人の事情に巻き込まれたり、侍女たち(しかも身分的にはアリアの方が上)にいじめられるわ。
「いや、これ、本当に『アリア・スフォルツァ』の未来なのかしらね。攻略対象たちも全然性格違うし」
 プレイしていたゲームと全く違う状況の中で、アリアはどんな結末を迎えるのか。

・巻き込み側の事情により、『登場人物たちの年齢』≠『行動 or 精神年齢』となっています。
・自サイトにて、番外編など公開中。

[ざっくりとした内容]
 9才編~11才編:『フレデリカ』(完結済み)
 11才編~13才編:『攻略対象者』(完結済み)
 14才編:『セリチア』(現在執筆中)
 15才編:『不穏な雲行き』
 16歳編:『二つの徒花』
 17才編:『救済の鐘』
※9月23日変更
 変更しました。

魔法は出てきません。
R15は保険です。ラブコメになる予定です。
亀更新していく予定です。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。