二度目の異世界召喚でも勇者でした
作者名: 華月 澄玲
【出だし200文字】
プロローグ  みんなはよく、小説や漫画なんかで取り扱われる異世界召喚、なんて呼ばれるものを知っているだろうか。  現代の日本に住む少年少女たちがひょんなことから異世界に呼び出されてしまい、様々な出来事やトラブルに巻き込まれてしまうというアレだ。  俺は過去、その異世界召喚に巻き込まれてしまっている。  これは高校ニ年の時の話だ。  気がつくと俺はエビルダ国という国の辺境の地に立っていた。周りには//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 異世界転移 異能力バトル 異世界召喚 勇者 
種別 短編
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 16,295文字
掲載日 2017年 09月 11日 08時 43分
Nコード N1790EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
主人公、大森蒼汰は面接をしている最中、立ち眩みに襲われる。
目が覚めるとそこは見慣れない森の中だった。
この主人公、実は過去にも一度異世界転移を経験していて、二度目もあるのかと困惑する。
その後、様々な人物と出会った主人公は……!?
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。