VRMMOで妖精さん
作者名: しぇる
【出だし200文字】
「雪ちゃん雪ちゃんゆーきーちゃーーーん!!」 「……どうしたのお姉ちゃん、今度は何を見つけてきたの?」  リビングでくつろいでぽけーっとテレビを眺めていた私にソファ越しに後ろから抱きついてくる姉、|小春《こはる》。  普段は大人しく綺麗なお姉さんといった雰囲気なのに、楽しそうな物を見つけると途端に騒がしくなる残念なお姉ちゃんだ。  このテンションの上がり具合なら、今回はかなりのお気に入り//
キーワード R15 残酷な描写あり VRMMO 女性主人公 グロテスクな描写あり ネット小説大賞五 ネット小説大賞感想 
種別 連載〔全400部〕
ジャンル VRゲーム〔SF〕
文字数 934,924文字
掲載日 2015年 12月 12日 12時 28分
最終投稿日 2017年 01月 18日 12時 00分
Nコード N1875DA
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
姉に誘われて新作VRMMORPGを遊ぶことになった一宮 沙雪。
ランダムでレア種族「妖精」を引き当てて喜んだのもつかの間、絶望に叩き落される。
更にモフモフにつられて召喚士を選ぶも、そちらもお決まりの不遇(PT拒否られ)職。

発狂してしまいそうな恐怖を持ち前の根性と
「不遇だってやれば出来るって所を見せつけてやらないと気が済まない!」という反骨精神で抑え込んで地道に頑張って行くお話。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。