パイリン・ザ・ゴーレムマスター
作者名: 大滝よしえもん
【出だし200文字】
 その岩は力尽き、完全にくたばっていた。  鉱物が「くたばる」ってのは表現としてどうだろう?いやいや実際誰が見てもそうとしか思えないし、そもそもこれが自然の造形物にはとても見えないわけで。 一番下に直径五メートルはあろうかという丸い岩の二つ重ね。その上に天に向かって尖った小さな岩山みたいなのが、被さるように載っかっている。その左右には折れ曲がった石柱が、半ば崩れて寄りかかっていて…… //
キーワード 冒険 ファンタジー 異世界 ドラゴン 少年 少女 コメディー ボケ ツッコミ 
種別 連載〔全29部〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 181,474文字
掲載日 2015年 09月 06日 07時 37分
最終投稿日 2017年 01月 27日 19時 16分
Nコード N1978CW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
戦乱の時代が終わって18年、地の竜(ドラッケン)を使役する悪党が跋扈するこの大陸の辺境で、強盗団見習いの少年は異風な少女賞金稼ぎに遭遇する。やること全てデタラメな彼女に振り回され、強制的に弟子にされた少年は、今や禁断とされる魔像(ゴーレム)創造の技を目の当たりにする…ボケとツッコミのコミカルファンタジー
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。