ホムンクルスの鎮魂歌
作者名: 坂下真言
【出だし200文字】
 現代ではない世界、ここではないどこかのお話。  荒野を黒い陽炎の様に揺らいだ毛並みをなびかせて走る愛馬と俺。 「――情報だとこの辺だな」  俺は自慢に銀髪ポニーテールを気にしながら馬を下り周囲の気配を探った。  何人かの荒い息が聞こえる。鞘から銀色に輝くロングソードを抜き柄を握りしめる。  するとよく見ないと分からない林から短剣で武装した盗賊が三人現れる。  俺は己のコンディションと//
キーワード オリジナル戦記 異能力バトル 冒険 ホムンクルス 人外 シリアス 男主人公 西洋 
種別 連載〔全29部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 65,869文字
掲載日 2017年 02月 04日 00時 24分
最終投稿日 2017年 08月 19日 00時 00分
Nコード N1985DU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
銀髪の賞金稼ぎレクはホムンクルスだ
賞金稼ぎは仮の姿、真の目的は同族のホムンクルス狩りと生みの親である魔術師アブソリュートを狩る事だ
どこまで続くか分からぬ旅路
果たして目的は達成出来るのだろうか
長編ハイファンタジー小説
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。