有樹さんの事情。
作者名: 水瀬柳
【出だし200文字】
 |佐久間《さくま》|有樹《ありき》はレストランのトイレで手を洗いながらため息をついた。  出たくもないのに無理矢理引きずり出された飲み会の席ほど面倒なものはない。かと言って、露骨につまらなそうな顔をするわけにもいかない、と思う程度には社会人経験のある日本人気質が嫌になる。  電話でもかかってきた事にしてもう少し時間を潰そうか、と思いながら外に出ると、細い通路に誰か立っていた。  この通路は片側に//
キーワード 現代 
種別 連載〔全42部〕
ジャンル 現実世界〔恋愛〕
文字数 306,469文字
掲載日 2015年 09月 06日 08時 30分
最終投稿日 2017年 07月 08日 12時 31分
Nコード N1989CW
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
無理矢理付き合わされた合コンで全員から狙われてた男に声をかけられました。……え? なに、あなたなんでこんな事でつれるの? 迷惑ですから……。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。