精霊達の楽園と理想の異世界生活
作者名: たむたむ
【出だし200文字】
 森園 裕太 二十五歳 社会人 スーパーから出ると目の前に荒野が広がっています………………助けてください。  何でこうなった? 何時からスーパーの自動ドアは荒野直通になったんだ。後ろを向いてもあるはずの自動ドアは無い。鞄からスマホとタブレットを取り出し、電波を確認すると両方共圏外になっている。  待ちに待ったゴールデンウイーク。上手に有給休暇が取得でき十一連休をゲットした。優雅に引き籠って積ん//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転移 開拓 チート ハーレム? 精霊 御都合主義 冒険者 スローライフ 
種別 連載〔全104部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 438,512文字
掲載日 2017年 07月 21日 20時 07分
最終投稿日 2017年 10月 23日 22時 00分
Nコード N1996ED
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 スーパーから出るとそこは荒野だった。おそらくチートな開拓ツールと、精霊との高い親和性を武器に、開拓。冒険。理想の住居。楽しい異世界生活を目指して頑張ります。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。