魔法少女になってしまった僕の受難
作者名: yukke
【出だし200文字】
 暖かな日差しが射すこの日は、入学式には持って来いですね。  今日僕は高校生になり、また1つ男らしくなりました。それなのに……なんで男子からの視線が激しいのでしょうか?  桜の花が舞い散る中、僕はこれから通う高校へ向かう道すがらで、色んな人の変な視線に晒されています。そんな時。 「よっ! |進《すすむ》!」 「|大輔《だいすけ》!」  いつも通りの挨拶をしてくる幼なじみの大輔が、僕の背中//
キーワード 現代ファンタジー 魔法少女 TS TSF 幼なじみ 片想い 魔法 怪人 戦闘 僕っ娘 平行世界 組織 性転換 星球大賞2 
種別 連載完結済〔全27部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 124,181文字
掲載日 2017年 08月 24日 23時 00分
最終投稿日 2017年 09月 13日 23時 42分
Nコード N2149EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 謎の怪人が現れる時代、人々は政府の作り出した魔法少女に希望を抱いていた。
 しかし、その魔法少女を偽物と呼び、怪人を生み出し続ける男がいた。

 3人の幼なじみに押され、目立たない生活をしていた高梨進は、その男に目を付けられて魔法少女にされてしまう。

 彼は進の両親を人質に取り、政府の作り出した魔法少女を倒せと言ってくる。
 しかし、その政府の魔法少女の中には幼なじみの3人がいた。
 仲の良い幼なじみ3人と戦うしかないのか……だが政府の作り出した魔法少女は不完全で、それを見た進は……。

 女の子の体から男に戻り、いつもの日常を取り返したい進の受難が始まる。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。