迷宮のドールズ
作者名: オグリ
【出だし200文字】
(大丈夫よ)  声が聴こえる。  それは、耳で聴こえるものではなく、記憶だ。  もう記憶でしかないその声は、いまでも、鮮明に、鮮明に蘇る。 (なんにも、怖いことなんて、ないのよ)   優しく、力強い。  呪文のように、その記憶は蘇る。  ――ああ。そうだ。  今度は、記憶の声ではなく。  心の内に、自分の声でそう響かせた。  大丈夫だ。  オレは、もう。  行かなきゃ。   //
キーワード R15 残酷な描写あり 日常 冒険 架空現代 男主人公 獣人 少年 少女 魔法 ダンジョン シリアス 恋愛 群像劇 ボーイミーツガール OVL大賞3 
種別 連載〔全66部分〕
ジャンル ローファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 1,052,813文字
掲載日 2014年 06月 02日 03時 04分
最終投稿日 2017年 07月 22日 00時 32分
Nコード N2190CD
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
人間と亜人が共生し、魔物モンスターやダンジョンが当たり前に存在する日本。
猫亜人(ワーキャット)の少年・小野原シオンは、モンスターの討伐やダンジョンを探索する《冒険者》を生業としている。シオンは赤ん坊の頃に冒険者だった人間の父に拾われ、凄腕冒険者だった姉・桜の背中を見て育った。が、桜はダンジョンで命を落としてしまった。
夢や目的もなく、ただ黙々とダンジョンに潜る日々。そんなある日、いつも通りその日の仕事を探しに新宿冒険者センターに赴いたシオンは、中学時代の同級生・浅羽紅子と偶然再会する。彼女は何か目的があり、危険な仕事である冒険者になりたいようだが……。

一人でダンジョンに潜っていた少年と、その運命を変える魔道士少女、変わり者の仲間たち、彼らを取り巻く様々な人や亜人。そして、彼自身の物語。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。