神様は働かない
作者名: shiro
【出だし200文字】
---------  黒いローブを纏い、悠然と立つ男を前に、魔法使いは剣を構える。 (まったく……割に合わない仕事だ)  すでに燃え尽き、天井も壁もほとんどない廃城は、ほんのひと月前は周辺一帯でも最大勢力を誇る王都の中心だった。  そして魔法使いは、この国を滅ぼした元凶を前に剣を向けていた。  冷静に考えれば自分の死は既に決まっているも同然だ。むしろ今、生きていることに可笑しささえ感じる。 //
キーワード  
種別 連載〔全34部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 113,146文字
掲載日 2017年 08月 25日 00時 44分
最終投稿日 2017年 10月 23日 01時 36分
Nコード N2229EF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ごくごく普通な村娘さんと
邪神にされてしまった魔法使いさんとの
ごくごく普通な日常生活(予定)なお話です

初めての投稿で文体とか試行錯誤でおかしいところもありますので
生温かく見守っていただけると幸いです。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。