フィンダーの中の世界
作者名: 羽都
【出だし200文字】
私の家は貧乏だった 今でも裕福な訳ではない、それでも水道がとまることもなくなったし明かりのない家が怖くて母が帰ってくるまで外でぼんやり物語に浸ることもなくなった。 母と2人暮らして確かに寂しい思いもしてきた。 でもそれ以上に深い愛情ももらって生きてきた。 高校生の頃からお世話になっている職場だってもうすぐ働きだして10年目になる。働く中で勿論嫌なことだって沢山あった。でもそれと同じぐらい大//
キーワード 日常 自分に正直に生きる 
種別 連載完結済〔全3部分〕
ジャンル ヒューマンドラマ〔文芸〕
文字数 1,970文字
掲載日 2017年 09月 12日 11時 48分
最終投稿日 2017年 09月 13日 23時 34分
Nコード N2328EG
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
目をつぶって毎日を過ごしていた自分
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。