正しい悪魔の飼い方
作者名: 庚 真守
【出だし200文字】
 あたしは悪魔を飼っている。  それも凶悪な悪魔だ。  おとなしく従順な態度を見せて、鋭い爪や牙を隠している。  いつかは、あたしもその爪に引き裂かれてしまうのかもしれないが、とりあえず、今この瞬間の悪魔は、あたしへ愛情を寄せているらしい。  桜の咲くころに、それは現れた。  季節外れの雷鳴が響く。雷が墜ちたと知ったのはもうもうと煙が上がっているのを見た時だ。  火がついたものの生木だから、//
キーワード R15 残酷な描写あり 異類婚姻譚 伝奇 ラブコメ 恋愛 ファンタジー ハッピーエンド 現代(モダン) 魔界 OL 美形 魔王 らぶらぶ 甘々 女性向け 女主人公 
種別 連載完結済〔全7部〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 13,886文字
掲載日 2011年 11月 05日 02時 27分
最終投稿日 2012年 08月 06日 00時 00分
Nコード N2339Y
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
わたしは、聖金曜日の夜に詩人ウェルギリウスに案内され地獄の門をくぐったダンテのように、地獄をめぐる。わたしの悪魔とともに……。糖度高めの恋愛小説。女性向けです。
筆者が管理するweb小説サイトにて掲載の作品。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。