僕には姉の好みが理解できない
作者名: すず(Sn)
【出だし200文字】
 僕には姓は違うが血の繋がった二歳年上の姉がいる。  子爵家の次男に産まれた僕は五歳の時に母親の実家である侯爵家に養子に出された。  しかし、子爵家とも交流が続いていて十歳ぐらいまで姉と一緒に仲良く遊んでいた。  兄とは六歳離れているのでそれほど遊んた記憶はないが僕のことを可愛がってくれている。  子供に恵まれなかった伯父夫婦は、義理の父と母なっても僕を大切に育ててくれた。  侯爵家の嫡男として//
キーワード R15 ラブコメ ヒロイン弟視点 冤罪 婚約解消 シスコン弟 鬱あります 騎士視点あり 
種別 連載完結済〔全3部分〕
ジャンル 異世界〔恋愛〕
文字数 15,768文字
掲載日 2017年 12月 16日 20時 13分
最終投稿日 2017年 12月 22日 07時 25分
Nコード N2508EL
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
僕には姓が違う姉がいる。
三年前の事件のため家に引きこもっていた姉をやっと連れ出し、買い物を楽しんでいた僕達は一人の騎士に出会った。
それは最悪の出会いだった。
二話の短編です。

12月22日騎士視点を追加しました。
物語としては上記二話で完結しています。

アルファポリスさんにも投稿しています。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。