天翔ける宙(そら)の彼方へ
作者名: 早秋
【出だし200文字】
 佐伯|翔(カケル)は現在、病床に臥していた。  毎年受けている会社の健康診断で、体の中を蝕むガンが見つかった。  発覚したときには手遅れ、受診した医者には既に手の施しようがないと言われてしまった。  翔にとって医者からの言葉は、覚悟を決めるためのものであり、納得するためのものでもあった。  最初のうちは「なぜ自分が」とか「納得できない」という感情もあった。  だが、時間が経つにつれて、そうした感//
キーワード R15 異世界転生 VRMMO転生 ハーレム? Tueee要素あり ネット小説大賞五 
種別 連載〔全66部〕
ジャンル 宇宙〔SF〕
文字数 203,130文字
掲載日 2016年 03月 27日 11時 00分
最終投稿日 2017年 04月 28日 20時 00分
Nコード N2626DF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
五十年で人生に幕を閉じた翔は、女神さまの願いでとある世界に『カケル』として転生をすることになる。
そこは、かつて翔がプレイしたVRMMOに似た世界。
ゲーム内で作った『天翔』という組織と共に転生を果たしたカケルは、その世界で第二の人生を歩んでいく。
その世界にとってずば抜けた能力を持つカケルと、その意思を組んで動く組織である『天翔』は、やがて世界に大きな騒動を起こしていくことになる。

※『天翔』が本格的に動き出すのは、しばらく先になります。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。