狐憑き
作者名: ぼっち球
【出だし200文字】
 さて、ここに私の実体験をつらつらと書いていこうと思う。実体験と言えども、中々に怖い話だろうと思っている。  夏のホラー企画ということで、多くの方が読むだろう。とても良い機会だ。  もしかすると退屈かもしれないが、是非とも最後まで読んでもらいたい。  * * *  これは私の高校時代から今にかけて続いている恐怖だ。  当時、私の学校ではコックリさんが流行っていた。学校のそこかしこで「コック//
キーワード 残酷な描写あり 夏のホラー2015 コックリさん 呪い 
種別 短編
ジャンル ホラー〔文芸〕
文字数 4,865文字
掲載日 2015年 07月 25日 10時 56分
Nコード N2635CU
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
一人でも多くの方に読んで頂ければと思います。
警告
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。