ファンタジー世界でコンビニを経営したら
作者名: 響 恭也
【出だし200文字】
 ここは何処とも知れない世界。少なくとも今まで生きてきた世界とはルールが違う。周囲を見渡すと亜人と呼ばれる人々、普通に見える人間、耳がとがってる人、様々だ。  さて、自分はどうしているかというと、自身が経営していたコンビニ店内にいたのだ。そして唐突に起こる地震、揺れに耐え切れずコケて頭を打って気絶した。そこまでは何となく覚えている。そして目が覚めると……そこは異世界だった。  唐突に自動ドアが開//
キーワード 異世界転移 オリジナル戦記 ほのぼの 男主人公 職業もの 
種別 連載完結済〔全109部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 239,130文字
掲載日 2017年 02月 24日 22時 21分
最終投稿日 2017年 06月 02日 20時 51分
Nコード N2636DV
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
脱サラしてコンビニオーナーになった林圭太はある日唐突に起きた地震で転倒して気絶する。
目覚めたらそこは異世界だった。偶然店に入ってきたヴァンピールのバルドとともに異世界でコンビニ経営をする羽目になる。
やくそうっていくつ仕入れたらいいんですかー!?
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。