奴隷の少女は公爵に拾われる
作者名: 笑い顔
【出だし200文字】
 木造の室内はかなり広くそして薄暗い。  衛生的ではない人間が大量にいる獣臭さが立ちこめている。窓には鉄格子と木の板がはめられていて、時間が分からない。鎖の鳴る音と苦しそうなうめき声。  その獣のような扱いを受けている人間たちの間を鞭を持った人間が通るたびに、うめき声も鎖が鳴る音もやむ。それでも時折何が気に食わなかったのか、何の意味も無くその鞭が振るわれ壮絶な痛みにくぐもった叫び声をあげる。  そ//
キーワード ファンタジー 幼女とおっさん 
種別 連載〔全161部分〕
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 525,947文字
掲載日 2013年 04月 12日 15時 16分
最終投稿日 2017年 11月 12日 23時 01分
Nコード N2658BP
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
国の剣という剣、盾という盾、国防、治安維持、暴力の統制を司る公爵が違法な奴隷市場襲撃の際に拾ったのは、目が赤くて喋れない小さな少女だった。奴隷の少女と彼女を娘として引き取った公爵、それらを中心に回って行く国、様々な考えや思惑が交錯していく中で大きく運命の輪は転がって行く。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。