ラノベを書くのってそんなに楽しいんですか?
作者名: 涼風てくの
【出だし200文字】
 その日も高校に入学してから一年と一ヵ月が経った五月上旬、だったか――  しかしながら、今となってはもう|時間《それ》は意味を成さない――  何を隠そう俺は違・う・世・界・を・経・て、いるのだから――  とにもかくにも俺が「いった」、その事により【一連の物語】は動き出した――  動き出してし・ま・っ・た――  そして今、【一連の物語】を目にするだろうあなたも、俺と同じような境遇に―― //
キーワード 異世界転移 男主人公 魔法 異世界 ライトノベル ファンタジー 異世界トリップ ハーレム 主人公最強 (?) 
種別 連載〔全16部〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 59,222文字
掲載日 2016年 09月 11日 13時 55分
最終投稿日 2017年 04月 06日 23時 13分
Nコード N2701DN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
 とある日、「来迎寺てて」は幼馴染の「示園真紀」の家へと招かれる。真紀からライトノベルの執筆を提案されたてては、一悶着の末に筆を執るが、事は思わぬ方向へと転んで行き、気づいた時には異世界へと転移していた。そしてその陰には様々な組織の思惑が絡んでおり、彼は知らず知らずの内に弄ばれる。そんな中で彼はふと、自分の行動を小説のように文章化している端末の存在に気づく。


※ゴールデンウィーク明けまで一旦休止させていただきます。
警告
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。