ガラクタ山の女の子
作者名: 栗田隆喬
【出だし200文字】
 ぼんやりとした薄明かりに、いくつもの、ガラクタの山がありました。 「よいしょっ!」  向こうから、女の子の声が聞こえます。  それは、ひときわゴチャゴチャして、汚れて、ひどい有り様のガラクタの山からでした。  女の子はひとりで、ガラクタの仕分けをしているのでした。  額の汗を拭うと、ガラクタばかりの大きな山を見上げます。  あまりの多さに、気が遠くなりそうです。  こういう時、女の子はお気に入//
キーワード ほのぼの 感動 ファンタジー 少女 異世界  
種別 短編
ジャンル ノンジャンル〔ノンジャンル〕
文字数 2,179文字
掲載日 2008年 10月 14日 00時 37分
Nコード N2705F
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
ぼんやりとした薄明かり。いくつもの、ガラクタの山。女の子が一人で、ガラクタの仕分けをしていました。ガラクタの中にあった一つのお人形を手にした時です。「……ねぇ」お人形が語りかけてきました。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。