没落メルトダウン
作者名: 小林晴幸
【出だし200文字】
「お兄様は失踪なさいました」  繰り返します。 「お兄様は失踪なさいました(爵位を叙爵されたまま)」 「お兄様は失踪なさいました(官位を賜ったまま)」 「お兄様は失踪なさいました(我が家に残された金品を根こそぎ持って)」  我が家は没落しました。  エルレイク侯爵の妹ミレーゼ(8歳)。  それがわたくしの名前。  いいえ、それともただのミレーゼと名乗った方がいいのでしょうか…  我//
キーワード 侯爵令嬢(?) 幼い姉弟 悟りすぎる8歳児 没落記録:3日 お金はない 家もない 保護者などいる訳ない 大人の良識に期待 兄=阿呆=人災 精神年齢がおかしい 裏路地の浮浪児集団 謎のイキモノ 精霊 折れない鋼メンタル 伝説の金属 密売 邪龍 救世主(笑) 
種別 連載〔全197部〕
ジャンル コメディー〔文芸〕
文字数 931,651文字
掲載日 2014年 07月 26日 13時 18分
最終投稿日 2017年 07月 04日 00時 00分
Nコード N2785CF
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
突然の事故、両親の死……それとともに、幸せな幼女時代は終わりを告げ、わたくしは全てを失ったと思いました……………が、まさか本番は3日後に訪れようとは。待って、お兄様? 家を継いで3日で没落って、貴方の逆手腕が恐ろしすぎる…その上、幼いわたくし(8歳)や弟(3歳)を置いて一人トンズラって…貴方はアニではなくオニですの?

 我が家の没落にまつわる、様々な事態。たくましく弟を守って生き抜こうと致しましたが、世間はわたくしのことを放っておいては下さらないようです。
伯爵家に居候することになったわたくしは、大人に内緒で情報を得るために活動を開始致しました。ですが、裏の組織がわたくしのことを探しているとは…一体、どういうことなのでしょうか。
(※本編完結済み。今後は時々その後を書いた番外編を投稿していく予定です。)
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。