その鎌で何刈る気
作者名: 織田 涼一
【出だし200文字】
 寺田隆二25歳、今俺は人生最大の修羅場に直面していた。  農家の次男に産まれ農業と畜産の高校大学を卒業し家業で共に働くか就職か悩んでいた頃、大学の先輩の勧めでとある役場に臨時の枠があると聞き就職を決めた。その後は同役場への意欲を買われ地域復興課への配属となった。 まもなく地域の収穫祭もあり盆踊り・出店の手配等の打ち合わせを兼ねて各組合や地域のお偉いさんへの挨拶回りをしていた所だった。  話を//
キーワード R15 残酷な描写あり 異世界転生 日常 冒険 ほのぼの チート 魔法 グルメ らくのう魔法 農業 星球大賞2 星球大賞2感想希望 完結 
種別 連載完結済〔全161部分〕
ジャンル ハイファンタジー〔ファンタジー〕
文字数 587,727文字
掲載日 2016年 09月 11日 19時 06分
最終投稿日 2017年 08月 17日 06時 00分
Nコード N2838DN
⇒感想ページへ
⇒レビューページへ

【あらすじ】
異世界に旅立った主人公は、様々な冒険を夢見ていた。
チート・魔法……、でも生活基盤も重要だと思う。
実家が農業だったこともあり、住みやすい暮らしと農業は大切だと思った。
そんな主人公による、ほのぼの農業ファンタジー。

らくのう魔法とは何か?
それは作者だけにしか知らない。

H28.9初投稿~H29.8完結。
警告
この作品は15歳未満閲覧禁止です。15歳未満の方はすぐに移動してください。
この小説には残酷な描写があります。
苦手な方はご注意ください。
縦書きPDFで小説を読む
*スマートフォンをご利用の方へ*
一部スマートフォンの仕様により正常に閲覧が行えない場合がございます。